注目の記事 PICK UP!

セプテム、アムウェイを例に考える「ディストリビューター」の意味と重要性

MLMについて調べていたら“ディストリビューター”という言葉を発見した


MLMはマルチ・レベル・マーケティングの略称で、様々な企業が運営しています。

MLMについて調べていると、
「ディストリビューター」という 聞き慣れない 言葉が出てきました。
これはMLMとどのように関係があるものなのでしょうか?

今回は、

  • ディストリビューターの意味
  • 実際にMLM業界でどのように使われているのか

以上を解説していこうと思います。

セプテムプロダクツを始める前に読んでほしい記事です。

「ディストリビューター」の意味とは

調べてみると、ディストリビューターには2つの意味があるようです。

  • 商品の販売者または販売代理店
  • 点火装置を構成する重要な部品や配電器・分配器

ただ、MLMとの関連を踏まえると、商品の販売者または販売代理店が
関係の深い意味合いになっていると考えられます。

ディストリビューターはどのような存在なのか?

商品の販売者・販売代理店の意味合いで調べてみると、
「ディストリビューター」はメーカーや商社から仕入れた商品を
小売店に卸す役割を担う存在であることが分かりました。

主な仕事は自社が展開する各店舗の売上をはじめ、
商品の在庫や納品状況の分析をしたり、
仕入れた商品と製品化した商品を分配したりと、多岐に渡ります。

売れ筋商品の把握やフォローも行うので、企業にとって重要な存在だと言えるでしょう。

ディストリビューターは自社ブランドとして製品化した商品も含め、
様々な商品を効率良く分配しなければなりません。

地域や季節はもちろん、店舗の傾向や特徴を理解した上で、
どのような商品が売れるのか見極める力が必要です。

また、ディストリビューターは売れ行きを把握するために、
数字の分析や各店舗で働く従業員の声などを基に、
商品完売を最大の目標として行動します。

各店舗間の移動や商品の分配を踏まえて効率よく販売するには、
現場でのスキルや在庫・納品管理・数字の分析力などの
スキルが求められます。

つまり、現場のスキルを身に付けた営業や店舗マネージャー、
数字分析を行う業務に携わった方が
ディストリビューターとして活躍しているのです。

店舗で働く従業員の声を取り入れて分析しなければ
商品を効率良く販売できないので、
コミュニケーション能力も重要と言えるでしょう。

また、ディストリビューターとして活躍した方は、
価値の高い商品の買い付けや仕入れを行うバイヤーや、
商品開発・販売計画・予算管理などを一貫して管理する
マーチャンダイザーなどに転身するケースも少なくありません。

あらゆる情報を分析しながら、
的確な指示を出す役割を持つディストリビューターは、
企業にとっても消費者にとっても重要な存在となっています。

セールスレップとの違い

商社や問屋、販売代理店など、商品の販売を担っている企業では、
ディストリビューターまたはセールスレップのどちらかに分類されます。

セールスレップとは、商品を自社で買い付けるのではなく、
販売の代行だけを行う役割を指します。

一方、ディストリビューターは、商品を買い付けて販売します。

販売する商品の所有権を持っているかどうかが大きな違いです。

2つの違いをより詳しく見ていきましょう。

ディストリビューター

自社で商品の買い付けを行うディストリビューターは、
メーカーから商品を買い付けした時点で商品の所有権を持つため、
メーカーとの取引は終了します。

極端に言ってしまえば、
100万円で仕入れた商品を200万円で販売したとしても、
その情報はメーカーに入らず、たとえわかったとしても
指摘したり批判したりできる権利はありません。

セールスレップ

セールスレップはメーカーから商品の買い付けを行わないため、
商品の所有権がありません。

販売代行を任されることで、
売上の何割かを手数料として受け取る仕組みとなっています。

販売の代行をしている間でも、
セールスレップは商品を所有せずに完結させるので、
所有権を持たないのです。

ディストリビューターとセールスレップは
同じような意味を持つと思っている方も多いですが、
実際は商品の所有権や役割が大きく違っているのです。

様々な業界で活躍している

ディストリビューターは、アパレル業界や音楽業界など、
様々な業界で活躍しています。

アパレル業界で活躍するディストリビューターは、
商品コントロール担当と呼ばれることが多いです。

具体的には、各店舗に合わせて商品を分配したり、
売上・回転率・在庫などのデータを分析した上で
在庫調整指示や商品フォローを行ったりしています。

また、倉庫管理に携わる従業員と連携し、
在庫量を共有して効率よく商品を分配するので、
店舗間・倉庫間と様々な場との関わりが密になるという特徴もあります。

音楽業界でも同様で、
ディストリビューターはレコード会社からCDやDVDの仕入れを行い、
全国の店舗に分配したり、在庫管理をしたりといった仕事が主な役割です。

ファンの多いアーティストや売れ筋商品を見極めて、
どの程度仕入れる必要があるか在庫調整も行い、
売上向上に努めます。

アパレル業界でも音楽業界でも、またその他の業界であっても、
ディストリビューターは流通を生み出すという
企業において重要な役割を担っているのです。

ビジネスにおいて販売者という意味を持つディストリビューターは、
自社店舗の特徴や商品の売れ行きなどを理解し、
在庫・納品管理を行う司令塔です。

現場でのスキルと数字分析、コミュニケーション能力のある
ディストリビューターは企業にとって重要であり、
消費者により良い商品を届けるために必要不可欠な存在なのです。

MLMとディストリビューター

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は business-2884023_640-1.jpg です

ディストリビューターが流通を生み出すものであり、
主に販売を担う人だということが分かりました。

では、流通を生み出す側を意味するディストリビューターは
MLM業界だとどのようにとらえられているのでしょう?


ここではMLMとディストリビューターの関係性や、
MLMの運営企業を比較しながらご紹介していきます。

流通・サービスを生み出す側を意味する「ディストリビューター」はMLM業界ではどう使われている?

流通とサービスを生み出すディストリビューターは、
MLM業界において重要な役割を担う人材です。

MLMの場合、商品の流通コストなどを抑えるために
スーパーやドラッグストアなどの店舗には置かず、
人から人への口コミだけで商品を販売していく手法を取っています。

そのため、商品が欲しいと思っても
インターネットの公式サイトから購入する以外はディストリビューターから
購入する形になるのです。

場合によっては公式サイトでも商品の販売はしておらず、
完全にディストリビューターからしか購入できないこともあります。

ただ、実際に商品を使用した人からの意見を直接聞くことができる点は
消費者にとっても魅力と呼べるでしょう。


ディストリビューターの多くはお金を稼ぐためだけでなく、
自分が良いと感じたものを多くの人に紹介したいと感じ、
ディストリビューターになった人は意外と多いです。

そういった方の意見は非常に具体的で、どんな使用感なのか、
どのような効果が期待できるのかなどをしっかりと教えてもらえます。

聞き慣れない販売手法で一見怪しく感じてしまうかもしれませんが、
純粋に良い商品を紹介したいと考えているのがディストリビューターであり、
そういった人たちがMLM業界を支えているのです。

ディストリビューターのメリット

MLM業界を支えるディストリビューターですが、
やはりディストリビューター側にもメリットがなければ
数を増やしていくことはできません。

では、MLMにおいてディストリビューターには
どんなメリットがあるのでしょうか?

商品を安く購入できる

ディストリビューターは上記でもご紹介しているように、
基本的にその商品が良いと感じ、
自分だけでなく多くの人に使ってもらいたいと考えています。

自分も長く商品を使い続けたいと思う方も多いでしょう。
ディストリビューターになると商品が通常よりも
安く手に入れることができます。


中には安くならないところもあるかもしれませんが、
大抵はお得に手に入るため、
長く使い続けても費用面で負担が掛かることはあまりないでしょう。

利益が得られる

商品を安く購入できる以外にも、
ディストリビューターは利益を得られる点がメリットと言えます。

ディストリビューターは商品を利用する消費者でありながら、
商品を販売することもできる販売者でもあります。

良いと思った商品を広めつつ自分自身にも利益が入ってくるため、
まさに一石二鳥の販売手法です。

ディストリビューターにはこのようなメリットがあります。
この他にも、企業ごとに異なるメリットが得られる場合もあるので、
それぞれの企業を比較してみると良いでしょう。

MLMの運営企業の場合

MLMの運営企業と一口に言っても様々な業種に分かれていますが、
販売手法やディストリビューターの役割は似ています。

ただ、全く同じというわけではありません。
どのような違いがあるのか、
MLMの運営企業として有名なアムウェイとセプテムの2社を
比較してご紹介していきましょう。

アムウェイ

アムウェイは1959年にアメリカで設立された会社で、
ミシガン州に本社を置いています。

日本にはアムウェイ合同会社が設置されており、
アムウェイから作り出される様々な商品を販売されているのです。

商品も家庭用日用品を中心に健康食品や化粧品なども取り揃えています。

例えば、過剰に発生された活性酸素を防ぎ、
肌や健康を守るための 「トリプルX」 という
サプリメントの開発・製造をしています。

名前の通り、
1つのサプリメントで3つの役割を果たすことができ、
ビタミン・ミネラルの他にも現在注目されている
ポリフェノールやカロテノイド、アントシアニンなどが分類される
「ファイトケミカルス」も配合されているのです。

こうした独自の商品を生み出し続けるアムウェイでも、
ディストリビューターが活躍しています。


アムウェイのディストリビューターになるためには、
まず製品を使ってみて、良さを体感してから
ディストリビューターに登録します。

3,600円の年会費を支払う必要がありますが、初年度の年会費は無料です。

また、アムウェイのディストリビューターはノルマや活動時間に制限もなく、
在庫が自宅に山積してしまうような状況も作りません。

報酬に関しては、ディストリビューターがアムウェイから製品を仕入れて、
他の人に販売していきます。

販売価格とディストリビューターのコストを差額した際に出た金額が自身の利益です。

コストは引かれてしまうものの、ダイレクトに利益を得られるでしょう。

さらに、ディストリビューターが流通ネットワークを広げた時、
利益とは別にボーナスが発生することがあります。

アムウェイではコストを削減した代わりに
こうしたボーナスも支払われるため、非常にお得です。

セプテム

セプテムは名古屋市中区に本社を置き、
東京・大阪・名古屋の3都市に支社を構える、
1995年に設立された企業です。

セプテムで主に取り扱っているのは、
化粧品や医薬部外品、全身のケアアイテム、
美容関連機器、栄養補助食品などです。

特に人気を集めているのが、「エルテオシリーズ」です。
エルテオシリーズは人間のホメオスタシス(恒常性)を維持し、
肌が本来持っている健やかな美しさを目指した
スキンケアシリーズです。

和漢植物エキスを24種類も活用し、独自の処方技術で配合しているため、
敏感な肌質の人にもおすすめできるアイテムと言えます。

セプテムではネットワーク・マーケティング事業として
ディストリビューターが活躍しているようです。


セプテムとアムウェイで異なる部分は、
アムウェイの場合商品を購入するのはあくまでもディストリビューターであり、
ディストリビューターと消費者の間で売買のやり取りが行われます。


ただ、いくら在庫リスクが少ないと言っても全くないわけではありませんし、
なおかつ売買時にトラブルが発生しないとも言い切れません。

セプテムの流通形態は、
ディストリビューターがまず消費者に対してセプテムの商品を紹介し、
消費者はセプテムのホームページなどから直接注文して商品を購入します。

商品のやり取りはセプテムと消費者で行われるので、
売買時のトラブルも一切ありません。

さらに、セプテムからは紹介手数料として
コミッションを直接支払ってもらうことができます。

商品の配送から集金、在庫管理など、全てセプテム側が行ってくれるので、
手間も掛からず始めやすいと言えるでしょう。

セプテムでディストリビューターになると
商品情報やルールをより深く理解できるよう、
ツールや勉強会を開催してくれます。


初めてディストリビューターになると
不安なことも多いかと思いますが、
こうしたツールの提供や勉強会が開催されることで安心でき、
なおかつ充実のサポートを受けられるようになっています。

アムウェイとセプテムのディストリビューターにおける違いについて
ご紹介しましたが、一番の違いは商品を直接購入するか・しないか
にあると言えます。

自宅に商品の在庫があると、
それを見ただけで「売らなければならない」と
精神的に追い込まれてしまうこともあります。

しかし、セプテムのように在庫リスクを気にせず、
商品の良さだけを伝えていくだけのディストリビューターも存在するのです。


在庫が売れないまま残ってしまうのではないかと不安に感じている方は、
セプテムを選んだ方が良いでしょう。

まとめ

今回はディストリビューターについて詳しくご紹介してきました。
ディストリビューターには2つの意味がありましたが、
ビジネスにおいては「販売者」という意味を持っています。

商品の販売元とは別に、
消費者までの商品流通を促進させる役割があることが分かりました。

そんなディストリビューターは
流通の主役と呼べるほどの役割を担っているとも言えます。

また、アパレルや音楽業界など、
様々な業界で活躍していることも分かりました。

MLM業界でのディストリビューターは、
最初は消費者だった人が実際に商品を使ってみて、
その商品の良さをもっと色んな人に教えたい、
紹介したいという思いからディストリビューターになる人が多く見られました。

ディストリビューターになると様々なメリットを得られますが、
何と言っても商品を紹介し購入してもらうことで利益を得られる点は、
まさに「販売者」の名にふさわしいと言えます。

ただ、利益を得るだけでは普通の小売業者と一緒になってしまいます。

ディストリビューターは自身が実際に使った
体験談・口コミを基に裏付けされた形で紹介しているので、
普通の小売業者よりも消費者からの信頼度は高くなるのです。

ただし、ディストリビューターは企業側と消費者、
双方が「納得できる流通」を生み出すためにも自身で動いていく必要があります。

例えば企業側は商品がたくさん売れて満足していても、
消費者が納得していないまま商品を購入してしまえば
クレームや返品につながってしまうでしょう。

企業のブランドに傷を付けてしまう可能性もあります。
このようなケースが発生してしまうのは、
ディストリビューターが商品の良い部分だけを紹介し、
強要する形で商品を紹介してしまったために
引き起こることが多いです。

そうならないようにするためにも、
「クーリングオフ制度」など、ディストリビューター一人ひとりが
「商品を販売する際に把握しておくべきルール」を理解し、
それをきちんと消費者に正しく伝えていかなくてはなりません。


ディストリビューターは企業にとってスムーズに
商品を販促してもらえる役割を担っており、
一方で消費者にとっても商品の実体験を教えてもらえる貴重な存在です。

商品を伝え方などに十分注意しながら、
商品の魅力を伝えられる本物のディストリビューターを目指しましょう!

関連記事

  1. ニナファーム

    🐭🐭ニナファームはねずみ講なのか?評判から紐解くニナファームのメリットとデメリットについて😻

  2. 💫新世代サプリメントを手掛けるライフバンテージジャパンの特徴❗❗

  3. 🍅アメリカ生まれのタッパーウェア🌽どんな会社なのか調べてみた‼️

  4. 😳フォーチューンインターナショナルのMLMと評判について!MLMで地方創生を目指す??💡💡

  5. セプテムプロダクツ

    MLMのセプテムプロダクツについて知っておくべき注意点!!

  6. 🧧MLMを採用している株式会社ミラクル!どんな商品を取り扱っているの?🧧

  7. 😮日本ビーエフのMLMってどんなかんじ?「アニマストラスの正式販売委託」がビジネスに与える影響とは?…

  8. ♿フューチャーエナジーのMLMとは?アリックスと提携した理由とメリットについて考察!🔊🔊

  9. セプテムプロダクツでできるMLMって何?気になる口コミと一緒に紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. ニナファーム
  2. セプテムプロダクツ
2021年9月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント

    PAGE TOP